Keep up to date with every new upload!

Join free & follow Polska Moda
30:00
Share
  • 9
  • 7 years ago

Playing tracks by

Polska Moda.

Tagged

#other

この100がISO感度表示(50~1600)

ネガフィルムは通常このようにカラープリン用と書かれています。デーライトタイプとは光源が昼光用という通常フィルムで、ネガの場合は照明用のタングステンタイプはまず店頭には置かないでしょう。ISO100の後の/20°という表示はDINというドイツでの表示規格で、とくに意味はありません。CN-16、C-41というのはカラーネガの場合C-41というのがコダックの現像処理でこれが世界の共通処理となっていますが、国産の場合フジの場合CN-16、コニカの場合CNK-4という表示が記載されているが、処理液がほんの若干違う程度で、共通処理記号C-41が必ず併記されておれば、どんなフィルムもどんなメーカーの店頭で処理出来ます。もっともこれ以外の表示は通常無いと思いますが。あと表示されるのは、35mmフィルムの場合の36枚撮りだと、135-36という表示、有効期間、製造番号。

ネガフィルムの場合ISO感度は、低感度のものとしては、以前コダックのエクター25という低感度のものが有ったが5~6年前に製造打ち切りとなり、現在はコニカのISO50が一種類あるだけで、あとはISO100以上、乳剤の高性能化で現在主流はISO400で使い切りカメラはISO800が主流となった。花火撮影はISO100が低感度、高画質という点で常用フィルムになっている。

Comments