Keep up to date with every new upload!

Join free & follow clubberia
Share
Clubberia Podcast - Mark Farina <Approved Sequences>

Clubberia Podcast - Mark Farina <Approved Sequences>

Playing tracks by

Aarta, Hapkido, Alek Soltirov , Jp Chronic, Allonymous and Ryan Truman.

Mark Farina (Om Records)

シカゴ出身、サンフランシスコを拠点に活躍中のアーティスト。90年代初頭からDJとして世界中をまわり、年間100本以上ものギグでプレイ。跳ねる様な音色のトラックを超人的かつ卓越したスキルとセンスでミックスするDJスタイルにより、北米はもとより世界中からファンを獲得、西海岸のシーンを代表するトップ・アーティストとして君臨し続けている。日本では2006年に野外フェスティヴァルMetamorphoseにヘッドライナーとして登場。2つのステージにて異なるコンセプトでDJをおこない、多くの観衆を魅了した。翌年の2007年には、今は無き伝説のクラブSpace Lab Yellowの単独公演と共に、Liquidroomでのom:tokyoでもプレイ。その内容を収録したミックスCD『Live in Tokyo』をリリースし、大きな話題を呼んだ。2008年には世界的に最も評価を受けているミックスCD『Fabric』の40番を担当した。イギリスが誇る名門クラブでの架空の一夜をコンパイルした内容を抜群の選曲と類まれなグルーヴで表現し、更に多くの支持を集めることになった。近年は同郷でもあるDerrick Carter、DJ Sneakと活動を共にしており、ベルギーで開催されている世界最大級のダンスミュージック・フェスティヴァルTomorrowlandにて、3人によるバック・トゥ・バック・トゥ・バックを2012年から披露している。この特別なパフォーマンスはイビザが最も盛り上がるサマー・シーズンのPachaでもおこなわれている。また1992年からスタートした自身のパーティーMushroom Jazzは、ジャジーなヒップホップからダビーなダウンテンポ・トラックを中心に構成され、同名のミックスCDとして現在まで7作品を発表する人気シリーズとなっている。ある意味、対極ともいえる二面性を表現し続けられるのも、幅広い音楽性を持つMark Farinaならではのスタイルといえるだろう。

Comments