[3LA Radio #37] 新入荷&再入荷レコード紹介!! 2020年の激情から1965年のTHE WHOまで強引に繋げた挙句、フランスポストパンクの謎に触れる回。

[3LA Radio #37] 新入荷&再入荷レコード紹介!! 2020年の激情から1965年のTHE WHOまで強引に繋げた挙句、フランスポストパンクの謎に触れる回。

Playing tracks by

June of 44, LYTIC, Maximillian Colby, Engine Down, Daitro and more.

Chart positions

This show was 9th in the global hardcore chart and 52nd in the global indie chart.

June of 44新作から感じるのはポストロックの「逸脱感」について。そしてLYTICからは激情とは要するになんなのかを考える。ハードコアにおけるビートの革命と定義。パンクロックはシンプルなビートへの回帰。しかし1965年にはTHE WHOがいた。Maximillian ColbyにはLovitt RecordsのDNAを学ぶ。Engine Down〜Daitroから2000年代の中盤くらいまでの激情にある主題がみえてくる。そして現行バンドとしてシーンのエッジで哀愁を効かせるGillian Carter。
ラジオ後半はフランスポストパンクの謎。LES ATTITUDES SPECTRALES、MESA OF THE LOST WOMEN、でもこのあたりも逸脱がテーマにある。Night Flowersの2ndアルバムへの反応はインディーロック界隈の批評の弱さを見る。Bicycles for Afghanistanの最新アルバムは2020年10月リリースです。

tracklist:
1. June of 44 - ReRecorded Syntax
2. LYTIC - bless your tourist heart
3. Maximillian Colby - Shoot Hypotenuse
4. Engine Down - Retread
5. Daitro - 9
6. Gillian Carter - This Earth Shaped Tomb
7. Les Attitudes Spectrales - Gone
8. Les Tables Noires - Altar
9. Night Flowers - Merry-Go-Round
10. Bicycles for Afghanistan - Плохой пример / Wrong Example

Comments